株式会社ライズバーグ

大切なのは「課題の本質」を知り「戦略的」にクリアしてゆくことです。

企業経営者やマネジメントの方々は、組織を理想的な形で運営するために、日々様々な課題に直面していることかと思います。しかし実際の経営の現場では「問題が大きすぎて手の着けようがない」「人や予算などリソースが足りていない」など、できない理由を並べることで問題から逃げ、何も行動を起こさないまま、いよいよ切羽が詰まるまで好ましくない状況が放置されていたりするものです。

こういった事態を打開するためには各課題を「会社のあるべき姿」に照らし合わせ、「重要度」と「優先度」のマトリクスにかけることによって「今するべきこと」を明確にすることが必要です。
その上で、それぞれのボトルネックを潰してゆく作業を繰り返し行うことによって初めて、企業は理想の姿に一歩ずつ近づいてゆけるのです。

ライズバーグには、この一連の課題解決作業を効率的に進め、求める結果を引き出すためのノウハウがあります。

SolutionをDesignする会社

ブログ

取り組む姿勢の大切さ

事業の現場では、意外とぼんやりとしたイメージのまま課題を解決しようとし、目に見える成果もないままいつの間にか課題ごとフェードアウトしてしまうケースが多いものです。 新規事業はもちろん既存の事業活動における営業であれ、人材 …

■report

■WEB会議室

WEB会議室への入室はIDとパスワードが必要です。
→各会議室へ入室

■ファイル共有キャビネット

ファイル共有キャビネットへのアクセスには、IDとパスワードが必要です。
→ファイル共有キャビネット
PAGETOP