事業の現場では、意外とぼんやりとしたイメージのまま課題を解決しようとし、目に見える成果もないままいつの間にか課題ごとフェードアウトしてしまうケースが多いものです。

新規事業はもちろん既存の事業活動における営業であれ、人材管理であれ、財務に関することであれ、テコ入れをする時間と体力があるうちに手を打つ必要があります。

ここで先ず重要になるのが企業サイド(各メンバーを含めた)の『取り組む姿勢』です。
その課題に対していかに本気で、必要なリソースの投下をいとわず果敢に取り組むかでその是非は決まってきます。